エステティックの技術を通じ女性の美と癒しに貢献する

“美のカリスマ”の異名を持つという美容家、たかの友梨をご存知でしょうか。彼女は1978年にフランスから帰国後、たかの友梨ビューティクリニック1号店をオープンしたのだそうです。これまで合計40数か国を旅し、各地の伝統的な美容法や最新の美容法の調査研究を行い、それをもとに女性の素肌を健やかに美しくするための独自のエステティックを確立したといいます。美容やヘアメイク業界における大きな貢献は国際的にも認められているようで、2017年には栄えある「IPSN栄誉賞」を受賞したのだそうです。

たかの友梨は、「自分の名前にかけて、責任を持ってお客様をケアし続ける」という強い思いを込めて、自分のオープンしたクリニックを「たかの友梨ビューティクリニック」と名付けたのだそうです。思いを現実のものとするためには、優れた技術と、そして何よりたかの友梨の理想を共有する彼女の分身ともいえる「真のエステティシャン」を多数育成する必要があったといいます。そこで、たかの友梨は優れたエステティシャンの育成に徹底的に力を注いだのだそうです。

たかの友梨が理想とする真のエステティシャンとは、優れた技術を持ちつつ、「愛といたわりの心」でクリニックを訪れる女性に接し、深い癒しと安らぎを感じさせることのできる「美のセラピスト」なのだそうです。深い癒しと安らぎは、女性に健やかな心を取り戻させるといいます。そして健やかな心は、自然治癒力を高くし、その女性が本来持っている優しさと美しさを内面から導き出し、前を向いて積極的に生きていくパワーの源となるのだそうです。

エステティシャンの手のぬくもりを通して、肌から五感へ、五感から心へと語りかけていく心のふれあいに安らぎを感じ、健やかな心を取り戻してもらえることがたかの友梨ビューティクリニックの理想なのだそうです。どれほどテクノロジーが発達しようと、癒すこと、いたわること、慈しむことは機械には行い得ない、人だけが担当し得る美しい仕事なのだそうです。たかの友梨ビューティクリニックのエステティシャンは、1人1人に合わせた接し方で、傷んだり、疲れたりしている女性の心を、やさしく丁寧にケアしてくれるといいます。

たかの友梨ビューティクリニックは、美と癒しの技術を探求し続けることに全力を傾け、現代を生きる全ての女性が美しさと癒しを手に入れ、生き生きと未来に向け羽ばたくことを願っているとのことです。エステティックの技術を通じ、女性の美と癒しに貢献することが、たかの友梨ビューティクリニックのテーマなのだそうです。

カテゴリー: 未分類

経営理念と3つの品質方針

たかの友梨ビューティクリニックの経営理念は「愛といたわりの精神」なのだそうです。この経営理念を実現するために、たかの友梨ビューティクリニックは「3つの品質方針」を設定し、日々努力と創意工夫を重ねているといいます。

3つの品質方針の第一は、「技術の“たかの”として、お客様が満足する技術を追求する」ことなのだそうです。たかの友梨ビューティクリニックに勤務するエステティシャンは、全員が美のスペシャリストであることを目指して徹底的なトレーニングを受けているといいます。そのトレーニングの内容は、エステティックの技術だけに留まらないのだそうです。皮膚医学、生理解剖学、東洋医学、栄養学、消毒法などの医学分野の基礎知識、そして心理学、マナーを学ぶことが必須となっているといいます。エステティックの技術を通じて人々の美と癒しに役立ち、幸せを届けたい。たかの友梨ビューティクリニックのエステティシャンは、高度な技術、専門知識、愛といたわりの心を持つことを学び、人々に深い安らぎを提供する“真のエステティシャン”たらんと努力を続けているそうです。

3つの品質方針の第二は、「設備やインテリアを充実し、非日常空間を提供する」ことなのだそうです。訪れる女性に心からのやすらぎを感じてもらうためには、日常とは違う、別世界に身を置いてもらう必要があるといいます。たかの友梨ビューティクリニックでは、非日常空間を演出するため、エレガントかつ上質のインテリア、清掃が隅々まで行き届いた清潔な部屋、そして自由に使える化粧品やコットンなどを用意しているのだそうです。たかの友梨ビューティクリニックを訪れる女性が、心からの安らぎを感じることのできる非日常空間づくりに、日夜創意工夫を重ねているといいます。

3つの品質方針の第三は、「安心を提供できる技術者を育成する」ことなのだそうです。真のエステティシャンを育成するための研修を徹底しているといいます。新人研修、正社員研修、ステップ研修と三段階の研修が用意され、さらにサロン実地研修を受け、たかの友梨ビューティクリニック規定の技術検定試験の合格者のみが、エステティシャンとして認められるそうです。より高度な技術と専門知識を学び続けられる環境づくりにも力が入れられており、エステティック技術、医学知識、心理学など各分野のエキスパートや海外からの特別講師が招かれ、研修が行われるそうです。

たかの友梨ビューティクリニックでは1人でも多くの真のエステティシャンを育成すべく、様々な取り組みを行っていることがわかります。利用者側としては、満足を得ることに期待が持てそうです。

管理人のおすすめ→→→たかの友梨ビューティクリニック | ショップガイド | 二子玉川ライズ 公式サイト

カテゴリー: 未分類

「エステティックケアコンペティション」5年連続金賞受賞

はじめてビューティクリニックを利用する場合、そのクリニックが本当に信頼できるかどうかを確認することは大切です。どのように確認すればいいのでしょうか。たとえば、たかの友梨ビューティクリニックは「エステティックケアコンペティション」5年連続金賞受賞という、輝かしい実績を残しているといいます。

このエステティックケアコンペティションとは、エステティックサロンの顧客満足度の向上やエステティシャンの技術力アップを目的とするコンペティションなのだそうです。これは日本心美学会の主催により、毎年一回開催されているようです。日本全国の優秀なエステティック技術者が美容技術を競い合うこのコンペティションで、たかの友梨ビューティクリニックのエステティシャンは先述のとおり、5年連続で「金賞」を受賞しているとのことです。

出場者はコンペティションにエントリーする際、エステティックコースに関する論文の提出を求められるといいます。その論文の内容の審査結果によって、コンペティションに出場できるかどうかが決まるのだそうです。さらに予選が行われ、その予選ではエントリーしたクリニックやサロンに覆面調査員が訪れ、クリニックやサロンの清潔さ、接客態度などをチェックするとのことです。エステティックの技術だけではなく、トータルとしての顧客満足度が問われる審査となっているといいます。

コンペティションの審査員には、美容、エステティック業界の重鎮、著名な専門家が名を連ね、参加エステティシャンのテクニックに加え、マナー、接客態度の審査を行うそうです。エステティシャンとしての総合力が、厳正に審査されるコンペティションであることがわかります。たかの友梨ビューティクリニックからのコンペティション参加希望者は、まず代表者であるたかの友梨により、論文、技術力、マナー、接客態度などについて厳しいチェックを受けるのだそうです。たかの友梨本人の厳しいチェックに合格した人だけが、たかの友梨ビューティクリニック代表選手として、エステティックケアコンペティションに参加を許されるのだそうです。

エステティックのテクニックのみならず、美容に関する様々な専門知識、おもてなしの心まで、プロフェッショナル・エステティシャンに要求される全ての要素が審査の対象となっているといいます。このエステティックケアコンペティションは、エステティックサロン、エステティシャンの日本チャンピオンを決定するコンペティションなのだそうです。権威あるエステティックケアコンペティションで、金賞を5年連続で受賞したというたかの友梨ビューティクリニックが信頼できるクリニックであると言えるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類

フェイシャルコースについて

たかの友梨ビューティクリニックでは、フェイシャルやボディ、ブライダルやヘッドスパ、ネイルやメンズの6つのコースが用意されているようです。それぞれのコースにおいて、人によって異なるニーズに応えられるよう、多種多様なサービスが提供されていることが見て取れます。

例として、フェイシャルコースの場合を見てみましょう。エイジングケアや美肌ケア、フェイスラインやスイス式トリートメントといったテーマのサービスが用意されているようです。それぞれのテーマで、さらに細かくわかれたサービスを楽しむことができることが見て取れます。

エイジングケアをテーマとするサービスを詳しく見てみましょう。加齢によりハリを失った顔周辺の肌、目元や鼻に対し、新しく開発された手技と、かっさ技術、そしてバンテージマスクを組み合わせて働きかける「ブロフトリートメント」があるようです。「TAKANO式3Dフェイシャル」は、背中や頭皮までじっくりとトリートメントを行うことで、ハリ、ツヤあふれる顔を手に入れる新感覚のフェイシャルコースなのだそうです。約90分の時間をかけ、心地よいハンドトリートメントに加え、低周波や超音波などの美容マシンを用い、さらにパックを施すセレブ感溢れる美顔コースの「エクセルシオールビオトナス」も人気のコースのようです。

また「レスキュートリートメント」は、植物性幹細胞由来保湿成分入りクリームをたっぷりと使用し、たかの友梨が独自に開発したハンドテクニックで生き生きとした美顔を取り戻すのだそうです。ハンドトリートメントの集大成、たかの友梨の長年にわたる美顔エステ追及の努力と研究の結晶なのだそうです。

それから、年齢が気になりはじめた肌をハリのある若々しい印象に導く「ロシアントリートメント」は、たかの友梨独自のプログラムなのだそうです。美容先進国ロシアの研究所で開発された、エイジングケア美容液を採用しているといいます。

機能性コスメと先端技術のコンビネーションで、ハリを失った肌をみずみずしい艶肌へと変えるというエイジングケアコースが「水光美肌トリートメント70」です。ヒト幹細胞培養液抽出物を配合した、たかの友梨オリジナルコスメである「TAKANO YURI CEVIANGS」を使用するそうです。

99.9%純金の金箔を贅沢に使ったエイジングケアコースである「金箔フェイシャル」は、世界の美女に愛される「金」美容なのだそうです。ゴールドに包まれるリッチな時間を楽しんだあとには、目が覚めるようなハリのある肌を手に入れることができるといいます。

以上のように、たかの友梨ビューティクリニックでは、美のカリスマと呼ばれるたかの友梨が独自に開発した技術や手法、コスメを用いた美を追い求める様々なプログラムが用意されているのです。興味のある方はより詳しい情報を公式ホームページで確認してみると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類

ボディコースについて

たかの友梨ビューティクリニックの充実したエステコースメニューの1つに、「ボディ」コースがあるようです。ボディコースはさらに、ボディケアやリラクゼーション、全身トリートメント&パック、コンディションケア、部分トリートメントやフィジカルトリートメントの6つのテーマにわかれているとのことです。それぞれのテーマにおいてさらに多種多様なメニューが用意され、たかの友梨ビューティクリニックのボディコースの種類はなんと37種類に及ぶといいます。たかの友梨ビューティクリニックでは、個々のニーズに合わせたきめ細やかなサービスを、バラエティ豊富に取り揃えているようです。

例として、ボディケアのテーマのエステを見てみましょう。「新ミラクル」は、お腹や肩甲骨、ヒップ、脚背面などの美が気になる部分を“引き上げ&つまみ上げ”のWテクニックを用い、集中的なトリートメントを行うのだそうです。たかの友梨ビューティクリニック独自のケア技術で理想的なボディを手に入れることができるといいます。

また「青玉かっさ」は、部分的ボディメイクやリフレッシュケアを希望する人におすすめのメニューなのだそうです。表面にいくつもの突起がある青玉かっさをぽかぽかに温め、気になる個所を集中的にケアできるといいます。

夏が来る前に、ノースリーブの似合う美しい腕を手に入れたいと考えている人にぴったりとされているのが「美腕トリートメント」です。気になる二の腕はもちろんのこと、背中や肩まで、たかの友梨ビューティクリニック独自のハンドテクニックでトリートメントを行うそうです。

先進的な美容マシンを用い、効率的なボディメイクをめざすというメニューが「ハイパーマジック」です。じんわりと温めながら、リンパに沿うように吸引ケアができるといいます。たとえば腕や足など、部分的なケアも可能とのことですし、上半身もしくは下半身を全てケアしたり、全身をケアしたりすることもできるそうです。

「リボキャビ」というメニューでは、先駆的超音波美容マシンにより、流すようなテクニックと温めで脂肪に働きかけ、ボディメイクを行うといいます。部分的、もしくは上半身、下半身など広範囲にわたるケアが可能なのだそうです。

「モンゴル式岩塩トリートメント」は、モンゴルの赤塩岩配合オイルを用いて、背中からつま先まで全身をオールハンドトリートメントするメニューなのだそうです。ミネラル成分とスクラブケアの効果で、肌がスベスベになるといいます。たかの友梨ビューティクリニックボディコース全37種類の中で、人気第1位のコースなのだそうです。

「TAKANO式キャビボディ」は、超音波を使った美容マシンで、希望する個所を集中的にトリートメントするメニューなのだそうです。リンパの流れに沿うようにして、じっくりとブローブを当てていくそうです。ケアしている最中はほんのりとした温かさを感じることができるといいます。これにより、リラックスしながら美しいボディを手に入れることをめざすのだそうです。

ほかにも、まだまだたくさんの種類のボディエステメニューが、たかの友梨ビューティクリニックでは用意されているようです。ぜひ一度、たかの友梨ビューティクリニックのウェブサイトをご覧になってみてください。美に関する悩みがある方であれば、利用してみたいメニューが見つかるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類